~ かのように

意味 meaning

~ かのように

【意味】
(実際はそうではないのに)~であるように、

【用法】
「本当は違うけど~まるでみたい」と比喩を出して、何かを述べたい時に使われます。

【英語】
as if ~


ポイント①
~ように」と非常に似た文型です。「~ように」には①比喩、②例示の二つの用法がありますが、「~かのように」は比喩の意味でのみ使用され、例示の意味では使用されません。

 

(比喩)

彼は私の実の息子のように思えた。

彼は私の実の息子かのように思えた。

 

(例示)

あの人のように、フランス語が上手になりたい。

× あの人かのように、フランス語が上手になりたい


ポイント②
~かのように」は「~ように」と似ていますが、「本当は違うけど」というニュアンスを強調したい場面で「~かのように」が使われます。

 

彼はまるでこのチームのリーダーかのように振舞っている。(本当はリーダーではないのに)

彼女は自分の手柄かのように、昨年大成功したプロジェクトについて話した。(本当は彼女の手柄じゃないのに)

 

したがって、比喩を出して何かを褒めたり、良いと言いたい時には「~かのように」はあまり使いません。「本当は違うけど」と言う必要がないからです。


ポイント③
以下のような形で使われます。

<副詞的>~かのように

まるで野生の猛獣かのように、うちのペットは吠える。

<形容詞的>かのような N

その自分だけが優秀かのような態度は改めたほうがいいよ。

<文の述語>かのようだ、等 

その子供の注射に対する嫌がり方は、まるでこの世の終わりでも来たかのようだった


接続  formation

「動詞」「イ形容詞」「な形容詞」「名詞」の普通形に接続します。

 V(普通形) + かのように

イ形(普通形) + かのように

ナ形(普通形) + かのように
※現在肯定形は「 / である +かのように」

 N(普通形) + かのように
※現在肯定形は「 / である +かのように」

 

似ている related grammar

 

よく使われる often used 

まるで」「あたかも」などの副詞と一緒に使われることも多いです。

・まるで大けがかのように痛がっているけど、ちょっと擦りむいただけでしょ。

・あたかも現場を見て来たかのように、彼はその事件について語った。

 

例文 example sentences

・うちの犬はまるで人間の言葉がわかっているかのように反応する。

・このVRはまるで実際にその場所にいるかのような体験ができる。

・ちょっと有名になったからって、自分が何者かになったかのような気がしているなら、それは勘違いだよ。

・良い大学に入ったら人生の成功者かのように思っている人が多い。

・外は、まるで台風かのように強い風が吹いている。

・彼は病気が完治したかのように振舞っていたが、実はそうでなはないと奥さんに聞かされた。

・自分は無関係みたいなかのような言い方だけど、あなたにも原因がありますよ。

・強まる一方の雨は、まるで私の心の中を表しているかのようだった

・生涯独身で過ごすことが不幸かのように言わないでください。

・その薬は誰にでも効くかのように、意図的に誤解される形で宣伝されている。

ヘッジ―
添削をしてもらいたい人はコメントボックスに書いてね

© 2021 Hedgehog Japanese