V+てきた / V+ていく(①継続)
【JLPT N3 Grammar】

文法-意味 grammar meaning

 V+てきた / V+ていく(継続)

例文

どものころから毎日まいにち1時間じかんはピアノの練習れんしゅうてきた
I have been practicing the piano for at least an hour every day since I was a child.

②これから日本にほん人口じんこうはどんどんていくだろう。
I think Japan's population will continue to decline rapidly.

意味
①~続けている、②~続ける

用法

V + てきた
過去のある時点から現在まで、その動作・現象・変化などが継続して起こっている」と言いたい時に使います。

V + ていく
現在から未来に向かい、その動作・現象・変化などが継続して起こる」と言いたい時に使います。

英語】 
①”-tekita" is used when you want to say, "The action, phenomenon, change, etc. has been occurring continuously from some point in the past to the present.

”-teiku" is used when you want to say, "From the present to the future, the action, phenomenon, change, etc. will continue to occur.


文法解説】Grammar point 1

例文1のように、過去から現在まで続いていると言いたい場合は「~てきた」を使い、例文2のように、現在から未来に向かって続くと言いたい場合は「~ていく」を使います。

1. 感染者かんせんしゃかずてきた
The number of infected people has been increasing.
過去現在 まで継続している)

2. 感染者かんせんしゃかずていくだろう。
I think the number of infected people will keep increasing.
現在未来 に継続する)


【文法解説】Grammar point 2

ている」と「てきた」の違い

「V+てきた」の「V」が意志動詞(意志を持って行う行為)の場合は、話し手がその継続している期間が長いと思っている場合にしか使われません。したがって例文4のような言い方はされません。

ている vs てきた

3. いっ月前げつまえからダンス教室きょうしつかよています
I've been taking dance classes since a month ago.

4. いっ月前げつまえからダンス教室きょうしつかよってきました
(※通常はだが、話し手が一ヶ月を長いと思っている場合なら

長い期間の場合は、「V+てきた」と「V+ている」のどちらも使えますが、「V+てきた」の方がより「それが長い期間である」「大変だった」といった話し手の想いが入った言い方になります。

ている vs てきた

5. プロのダンサーになるためどものころから努力どりょくてきました
I have been working hard since I was a child to become a professional dancer.

6. プロのダンサーになるためどものころから努力どりょくています
I have been working hard since I was a child to become a professional dancer.


【文法解説】Grammar point 3

一緒に良く使われる語

「V+てくる」「V+ていく」には様々な用法があり、その意味は文脈により決まることが多い。継続の用法として使う場合は、よりその意味を明確にするために、その期間、または期間の起点などを表す語と使われることが多い。

「V+てきた」と一緒に

・今まで、今日まで、これまで

・[起点となる日]から
(3年前から、卒業した日から)

・現在までの期間
(この2年間、ここ3か月)

 

「V+てきた」と一緒に

・これからは、これからも、今後は、今後も

接続  formation

必ず動詞のて形と接続します。

V( て形 )てきた 

V( て形 )ていく 

例文 example sentences

~てきた

・この二年間にねんかん大学だいがくでずっと日本語にほんご勉強べんきょうてきました
For the past two years, I have been studying Japanese at the university.

わたし人生じんせいにおいて本当ほんとうこまったときにはいつもかれたすけられてきた
He has always helped me in times of real trouble in my life.

かれつね自分じぶん利益りえきだけをかんがえててきたんだとおもう。
I think he has always lived his life with only his own interests in mind.

新卒しんそつ入社にゅうしゃしてからずっとこの会社かいしゃはたらきました
I have been working for this company ever since I joined as a new graduate.

先月せんげつぐらいから、日本にほんでもコロナの感染者数かんせんしゃすうきました
Since last month or so, the number of people infected with corona has been increasing in Japan.

~ていく

・これからもこの会社かいしゃはたらいきます
I will continue to work for this company.

今後こんごも、感染者かんせんしゃかずいくかもしれません。
The number of infected people may continue to increase in the future.

試験しけん合格ごうかくしたあとも、日本語にほんご勉強べんきょうていこうおもいます。
I will continue to study Japanese even after I pass the exam.

御社おんしゃとは今後こんご関係かんけいつづていきたいかんがえています。
We would like to continue our good relationship with your company.

・これからは、家族かぞくのことをもっと大切たいせつしていきたいおもっています。
From now on, I would like to take better care of my family.


まさおき
この文法について質問がある方は下のコメント欄に書いてください。
If you have any questions about this grammar, please comment below.

-JLPT N3, JLPT N4
-

© 2021 Hedgehog Japanese