んばかり
【JLPT N1 Grammar】

文法-意味 grammar meaning

んばかりに / んばかりの N

例文

会場かいじょうんばかり拍手はくしゅ彼女かのじょむかえられた。
She was greeted with applause so loud that the hall cracked up.

意味
まるで今にも~しそうなぐらいに
まるで今にも~しそうなぐらいの

用法

んばかり」は、何かの程度が甚だしいことを比喩を用いて述べる時に使われます。

英語】 
"~ んばかりに / んばかりの N"  is used to describe the extreme degree of something using a metaphor.


文法解説】Grammar point 1:

んばかり」は動詞に接続し、「まるで今にも~しそうなぐらい」という意味を表します。どの動詞にも接続することができるが、比喩表現としてよく使われるものには以下のようなものがある。

<よく使われる比喩>

リアルだ→今にも動き出さんばかり
大きな音→(建物等)が割れんばかり
気持ち→溢れんばかり
喜び・驚き→飛び上がらんばかり
高い → 天にも届かんばかり
etc.

1. いまにもうごさんばかりリアルな人形にんぎょうだ。
The dolls are so realistic that they seem to be ready to move at any moment.

2. そのねこあふんばかり愛情あいじょうけすくすくそだった。
The cat received an overflowing amount of love and grew up well.

3. 彼女かのじょはそのらせをいたときがらんばかりおどろいた
When she heard the news, she was so surprised that she jumped up and down.

接続  formation

 V(ない形)ない + んばかりに
(割れんばかりに、切れんばかりに
※する→せんばかりに

 V(ない形)ない + んばかりの + N

例文 example sentences

彼女かのじょぼく合格ごうかくをまるで自分じぶん合格ごうかくしたかのように、はちんばかり笑顔えがおよろこんでくれた。
She was so happy to see me pass the exam with a bursting smile on her face, as if she had passed the exam herself.

わたしむねんばかり気持きもになって、その場所ばしょとどまることなどとてもできなかった。
My heart was so torn up that I could hardly stay where I was.

彼女かのじょいまにもんばかりかおで、こえはっすることもなくうつむいていた。
She looked as if she was about to cry, and was slumped over without uttering a sound.

彼女かのじょかれからのプロポーズにがらんばかりよろこんだ
She was so happy that he proposed to her that she jumped up and down.

彼女かのじょ演奏えんそうえたとき会場かいじょうんばかり拍手はくしゅこった。
When she finished her performance, the audience applauded so loudly that it cracked up the hall.

彼女かのじょえがいたなか人物じんぶついまにもうごんばかりに表情ひょうじょうゆたかである。
The figures in her paintings are so expressive that they seem ready to move at any moment.

あらたに建設けんせつされたその高層こうそうタワーはてんにもとどんばかりたかである。
Its newly constructed high-rise tower is so tall that it almost reaches the sky.

・そのいぬながあいだはなばなれになっていたぬし再会さいかいし、千切ちぎんばかり尻尾しっぽをふってよろこんだ。
The dog was delighted to be reunited with its long-departed owner, wagging its tail like it was about to be torn off.

・あのいやみなところがひとつもないあの兄弟きょうだいおやからあふんばかり愛情あいじょうけてそだったのだろう。
I think the siblings, without a single sarcasm, must have grown up with overflowing love from their parents.

・それがきたのはからだけてしまわんばかりあつなつのことだった。
It happened on a hot summer day when my body was almost burnt.

まさおき
この文法について質問がある方は下のコメント欄に書いてください。
If you have any questions about this grammar, please comment below.

-JLPT N1 文法一覧

© 2021 Hedgehog Japanese