「~始める」と「~出す」の違い
【difference】

「始める」と「出す」の違い difference

「V+出す」と「V+始める」は共に、何らかの動作や現象が始まったと言いたい時に使う事ができます。以下の2文はどちらも文法的に成立した文です。

Both "V + dasu" and "V + hajimeru" can be used when you want to say that some action or phenomenon has started. The following two sentences are both grammatically correct.

 

あめした
It started to rain.

あめはじめた
It started to rain.

 

しかしながら、「~出す」は話してが予測していなかったことや突然始まったことなどによく使われる傾向があります。以下の2文はどちらも成立した文ですが、「~出す」の方には、「突然」や「意外」のニュアンスが付加されます。「突然」や「急に」といった副詞と一緒に使われることも多いです。

However, "dasu" tends to be used more often for things that the speaker did not anticipate or that started suddenly. The following two sentences are both complete sentences, but "dasu" adds the nuance of "sudden" or "unexpected". It is often used with adverbs such as "とつぜん" and "きゅうに".

 

かれはフランスなら出した
He started learning French.

かれはフランスなら始めた
He started learning French.

 

また、勢いよく物事が始まったというニュアンスを出したい時も「~出す」が使われる傾向があります。以下の2文もどちらも成立した文ですが、「~出す」の方が勢いよく始まったというニュアンスが出ます。

Also, when you want to convey the nuance that something has started with momentum, "-dasu" tends to be used. The following two sentences are both correct sentences, but "-dasu" has more of a nuance of a start with momentum.

 

スタートの号砲ごうほうともに、選手達せんしゅたち一斉いっせいはし出した
With the gun to start the race, all the competitors started running at once.

スタートの号砲と共に、選手達は一斉に走り始めた
With the gun to start the race, all the competitors started running at once.

 

「~出す」が使えない場合

話し手自身が意志を持って何かを始めるという場合には「~出す」は使われません。
When the speaker has the will to start something, "-dasu" is not used.

 

になったら、勉強べんきょうはじめます
At eight o'clock, I will start studying.

8時になったら、勉強し出します

 

かれおくれるのなら、さきはじめましょう
If he will be late, then let's start eating first.

彼が遅れるのなら、先に食べ出しましょう

関連文法 related grammar

V+始める
- JLPT N3 Grammar

V+出す
- JLPT N3 Grammar

その他 example sentences

 

ヘッジ―
添削をしてもらいたい方、質問がある方はコメントに書いてください。
If you have any questions about this grammar, please comment below.

© 2021 Hedgehog Japanese