~につけ
【文法-JLPT N2 Grammar】

文法-意味 grammar meaning

につけ

例文

かれ生活せいかつゆたかさをにつけ貧乏びんぼういえまれた自分じぶん不幸ふこううらみたくなる。
Whenever I see the richness of his life, I always want to resent my misfortune of being born into a poor family.

意味
~といつも
~たびに

用法
につけ」は「A につけ B」の形で、「A」のときはいつも「B」だと言いたいときに使われる。「A」には「見る」「聞く」といった知覚的な動作が入り、「B」にはそれによって起こる感情や思考の内容が入る。日常的な会話ではあまり使われず、書き言葉的な表現。

英語
"nitsuke" is used in a form of ”A nitsuke B" to say that every time the speaker does "A" always feel or think as "B." Actions of perception, such as "miru" and "kiku," is used in "A," and the content of feelings or thoughts that result from the actions is used in "B." It is rarely used in everyday conversation, and is more of a written expression.

その他の用法
イ形1につけ、イ形2+につけ
-JLPT N0 Grammar 


文法解説】Grammar point 1:

「A につけ B」の「A」には知覚を表すような動詞が基本的に入ります。その他の動詞と使われることもありますが、以下にあげるような動詞が使われることがほとんどです。

「B」にはそれによって起きる感情や考えの内容が入ります。1回きりの行動にはあまり使われず、「~たびに」と同じようにそのこがあるといつもそういった感情や考えが起きる場合に使われます。

Aに入る動詞
見る、聞く、思う、知る、考える

1.  かれ活躍かつやくする姿すがたにつけ自分じぶん不甲斐ふがいなさにはらつ。
(≒見るといつも)
As soon as he finished speaking or even before he finished, she asked him the next question.

2. まずしい人達ひとたち苦労話くろうばなしををにつけ自分じぶんはつくづくめぐまれていたということを自覚じかくする。
(≒聞くといつも)
Whenever I hear about the hardships of the poor, I always realize that I was truly blessed.

「AにつけB」の「A」には基本的に動詞が来ることが多いが、以下にあげるような特定の名詞などが入り、どんな時でもといった意味を表す慣用的な表現として使われる場合もあります。

何事なにごとにつけ、万事ばんじにつけ、なにかにつけ、

3. 何事につけ両親りょうしんわたし人生じんせい選択せんたくくちしてくる。
(≒どんな場合でも)
In everything, my parents are always trying to dictate my life choices.


【文法解説】Grammar point 2:

~につけて

「~につけて」という形も同じ意味で使われます

4.  ははいた姿すがた見るにつけて、あとどれだけ親孝行おやこうこくができるのだろうかというおもいになる。
(≒見るにつけ
Whenever I see my mother in her old age, I always wonder how much more filial piety I will be able to give her.

接続  formation

  V (辞書形) + につけ(て)
(見るにつけ、聞くにつけ

 N  + につけ(て)
(万事につけ、何事につけ

例文 example sentences

かれのやせほそっていくからだにつけなに出来できない自分じぶん無性むしょうはらつのであった。
Whenever I saw his emaciated body, I would get irrationally angry at myself for not being able to do anything about it.

かれ偉大いだいさをめる人達ひとたちこえにつけわたしなかかれたいする嫉妬しっとねん渦巻うずまいた。
Whenever I heard people praising his greatness, a twinge of jealousy for him swirled inside me.

かれ直面ちょくめんしているであろう困難こんなんおもにつけわたしこころくるしくなる。
Whenever I think of the difficulties he must be facing, my heart aches.

・これからの自身じしん将来しょうらいかんがえるにつけくら気持きもちになる。
Whenever I think about my own future, I always feel gloomy.

戦地せんち悲惨ひさん状況じょうきょうにつけこころかれるようなおもいになる。
Whenever I learn of the tragic situation in war zones I feel as if my heart is being torn apart.

幼馴染おさななじみかれ活躍かつやく見聞みききするにつけわたし頑張がんばらねばという気持きもちになるのだ。
Whenever I see or hear about his activities as a childhood friend, I always feel that I must do my best too.

何事なにごとにつけかれわたし対抗心たいこうしんやしてくる。
In everything, he is competitive with me.

彼女かのじょなににつけてわたしたいしてちょっとしたいやみをってくる。
She is a little sarcastic towards me about something when anytime he has opportunity.

かれ万事ばんじにつけて私利私欲しりしよくしにし、自分じぶん都合つごうばかりかんがえる。
He is selfish and self-serving in all things, thinking only of his own convenience.

参考文献 references

辻本桜介(2013)『複合辞ニツケテの接続助詞用法についてー現代語と中古語を比較してー』

まさおき
この文法について質問がある方は下のコメント欄に書いてください。
If you have any questions about this grammar, please comment below.

-JLPT N2 文法一覧

© 2021 Hedgehog Japanese