V+しかない
V+しかありません

意味 meaning

「V+しかない」は「それ以外の方法がない」といいたい時に使います。

・丁寧に言いたい時は「~しかありません」となる。

・「現実的にとれる方法の中ではそれが一番いい方法である」、「仕方ない」、「残念だ」といった悲観的なニュアンスで使われることが多い。

接続  formation

V(辞書系) + しかない 

似ている related grammar

・N+しか~ない(JLPT N4)

・~せざるをえない

よく使われる often used 

「仕方がない」というニュアンスで

・土日は近くの病院がどこも休みなので、遠くの病院に行くしかない

・彼が来週は会社に来ないので、別の人に仕事を頼むしかない

例文 example sentences

・電車が止まってしまったので、タクシーで行くしかない

・値段が高すぎたので、私はその時計を買うのを諦めるしかなかった

・両親が病気になったため、会社を辞めて実家に帰るしかありませんでした

・明日は大雨が降るという天気予報なので、運動会は中止するしかない

・給料を上げたいのなら、結果を出すしかないよ。

例外 exceptions

「V+しかない」には悲観的なニュアンスで使うことがほとんどだが、カジュアルな会話ではプラスの意味で使われることもあります。(※間違いとされることもあります。)

・たった5000円であの芸能人を間近でみれるんだよ。もこのチケットは買うしかないね。

ヘッジ―
添削をしてもらいたい人はコメントボックスに書いてね

© 2021 Hedgehog Japanese