V+かける/かけ
【JLPT N3 Grammar】

文法-意味 grammar meaning

V かける / V かけ

例文

①さっきそこのみちくるまひかれかけました
I was almost run over by a car on the road there earlier.

かけのケーキがつくえうえいてある。
There is a half-eaten cake on the desk.

意味
①~するところだ。寸前だ。
②途中まで~している

用法
①「V+かける」は「V の動作をする寸前」、「V の現象が起こる寸前」という局面を示すために使われる。

②「かけ」は動詞に接続し、「V+かけ」という形の名詞を形成する。この名詞は、その物に起こっている現象やその物に対して行われている動作が途中の状態を表す。

英語
①"V+kakeru" is used when you want to say that someone is on the verge of doing "V" or that the phenomenon "V” is on the verge.

②"kake" can be connected to a verb to form a noun.  The noun “V+kake” is used to describe a state that is in the middle of a phenomenon occurring in or an action being performed on a thing.


文法解説】Grammar point 1

「V+かけた」

「V+かける」は、「V」という変化や動作が起こる寸前の局面を示します。「V+かけた」という過去の形は、寸前だったが、そうはならなかった場合に使われます。

1. わらいすぎて、あごがはずかけた
I laughed so much that my jaw almost dislocated.

2. わたし交通事故こうつうじこにあって、かけました
I was in a car accident and almost died.

ただ、「V+かけた」はその変化や動作が開始した直後に中断された場合にも使われることがあります。

3. 体重たいじゅうかけたけど、結局けっきょくもと体重たいじゅうもどってしまった。
My body weight started to decrease, but it soon returned to its original weight.

4. 昨日きのうは、ゆきかけたけど、すぐにあめわった。
Yesterday, it started to snow but quickly turned to rain.

「V+かけている」

「V+かけている」という形は、その変化や動作の進行途中(起こり始めてまだ完了はしていない)の局面を表す。

特に、「死んでいる」「腐っている」のように、「V+ている」の形が「変化の結果の継続」を表す動詞の場合、その変化の進行途中を表すために、「V+かけている」という形が使われます。

5. そこでセミがでいる
A cicada is dead there.

6. そこでセミがかけている
A cicada is dying there.

7. 冷蔵庫れいぞうこなかものくさている
Things in the refrigerator are rotten.

8. 冷蔵庫れいぞうこなかものくさかけています
Things in the refrigerator are rotting.


【文法解説】Grammar point 2:

V+かけ

かけ」は動詞の(ます形)に接続し、「V+かけ」という形の名詞を形成することができます。そして、「V+かけ」という形は、その物に起こっている現象やその物に対して行われている動作が途中の状態を表します。

名詞を修飾する場合は「V+かけのN」という形になり、述語に来る場合は「V+かけだ/かけです」等になる。

<よく使われる「V+かけ」の形>
食べかけ、飲みかけ、書きかけ、作りかけ、読みかけ、壊れかけ、etc.

名詞を修飾

7. かけの弁当べんとう
(=途中まで食べらた状態の弁当)
half-eaten bento

8. かけの手紙てがみ
(=途中まで書かれた状態の手紙)
unfinished letter

述語に使われる

9. その弁当べんとうわたしかけです
That bento is my half-eaten one.

10. その手紙てがみはまだかけ
That letter is still being written.

接続  formation

 V(ます形) ます + かける
(食べかける、死にかける

 V(ます形) ます + かけ
(食べかけ、死にかけ

 V(ます形) ます + かけの   N  
(書きかけの手紙、飲みかけのジュース)

例文 example sentences

用法①

かれへの批判ひはん言葉ことばくちからかけが、寸前すんぜんおもいとどまった。
I was about to say something critical of him, but stopped myself just in time.

一度いちどあきらめかけたが、気持きもちをふるこしてまた挑戦ちょうせんすることにした。
I almost gave up once, but decided to get my spirit up and try again.

連日れんじついそがしさで体調たいちょうくずかけていたが、休日きゅうじついえでゆっくりやすんだら回復かいふくした。
I almost got sick because of too much hard work, but I recovered after taking a rest at home on holidays.

・Aあんまりかけていたのに、かれ反対はんたいによりもう一度いちどほかあん検討けんとうすることになった。
We had almost settled on plan A, but his opposition made us consider other plans again.

・30ねんまえったこのラジオはもうこわかけている
This radio, bought 30 years ago, is already half broken.

たのしみにしてた番組ばんぐみようとしたが、テレビをけたときにはもうわりかけていた
I tried to watch a TV show I was looking forward to, but by the time I turned on the TV, it was almost over.

・この地域ちいきでは丁度ちょうどさくらはなかけている
The cherry blossoms are just about to bloom in this area.

あめがやんですこかけてきた
The rain has stopped and the sky is slowly clearing.

用法②

わたしかけのサンドイッチなかった?たし冷蔵庫れいぞうこなかにあったとおもったんだけど。
Have you seen my half-eaten sandwich? I thought I had it in the fridge.

冷蔵庫れいぞうこはいっているリンゴジュースはわたしかけです。
The apple juice in the fridge is mine, and I already drunk some of it.

・その作品さくひんはまだつくかけで、完成かんせいしてはいないんです。
The work is still in the making, and is not yet finished.

まさおき
この文法について質問がある方は下のコメント欄に書いてください。
If you have any questions about this grammar, please comment below.

-N2 文法一覧, N3 文法一覧
-, , , , , ,

© 2021 Hedgehog Japanese